Reason フルバージョンとReason Intro(Lite)の違い。Reason Intro(Lite)でも充分使えます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Reason Introでも重宝するインストゥルメントたち

Reason Essential(Lite)10 やReason Intro 10 は限定版になりますが、かなり強力なインストゥルメントが利用できるバージョンです!

DTMer

限定版って何が違うのかなぁ、音質にも関係あるんですか?

TAKEYA

いや、音質ではなくて機能が限定されるんだ。といってもそれでも曲は作れるからね!ちょっと見てみよう!

 

 

 

DTMの詳しいことが随時更新されている藤本健さんのDTMステーションにもReason9についての記事が書かれていました。
http://www.dtmstation.com/archives/51983526.html

Reason Essential (Intro)で利用できるインストゥルメント

Reasonには10種類(4種類)のインストゥルメント、

3種類のサンプラーとドラムキット及びルーパーを組み合わせて作曲してゆきます。

 

(カッコ内はReason Essential)

Reason10になってから6種類ものインストゥルメントが追加されました

今回はReason Essential(Intro)で利用できるインストゥルメント(ID8)とサンプラ(NN-XT Advanced Sampler)を紹介します

Reasonの比較表はこちらのPDFを参照↓

Reason製品比較表

サンプラーはDTMにとっては必需品

サンプラーですが、NN-XT Advanced SamplerとLive Sampling Editor、NN19 Samplerの3種類です。 

Live Sampling EditorはNN-XT Advanced Samplerのサンプルを編集できる機能なので、サンプラーは2つになります。

NN19 Samplerは、NN-XT Advanced Samplerは同系統のサンプルを使っているのか、

音質については変わった感じがありません 

NN-19は初代Reasonから搭載されていたサンプラーなので、こちらを使って制作していた人ように残されています。

なので、サンプラーはNN-XT Advanced Samplerを使えるようになれればOKですね。

ID8 インストゥルメント デバイス としてカテゴリーされていますが、実はサンプラーでもあるのです。

なので、今回はID8 インストゥルメント デバイスとNN-XT Advanced samplerの音を比べてみました。

ID8

ID8はクセのない音でマニュアルにも次のように記載されています。

シンセモジュールで、完成されたアレンジの作成に最適です。内蔵サウンドはREASON デバイスやReFillsから厳選されており、最高のオーディオクオリティーを約束します。

引用元;Reason Manual P.538から

楽曲を編集前の段階でそれぞれの音を正確に鳴らしたい(確認)時には良いインストゥルメントですね。

MIDIデータをインポートした時に始めにアサインされるインストゥルメントなので、

GM音源を鳴らすためかなと思っていましたが、いい音色です。

GMとは何かというと、General MIDIという規格でMIDIの初期時代にどの音源(YAMAHA、ROLAND、KORG等)で鳴らしても同じ楽器でなるように規格された音色です。

(コントロール・チェンジ信号も含みます。)

Wikipedia:General MIDI

ピアノMIDIデータをお借りして、Grand PianoをID-8とNN-19、NN-XT Advanced Samplerの聴き比べをしました。

シューマン作曲 アラベスク ハ長調 作品18

1つ目は NN-XT A Grand Piano

2つ目は NN-XT B GrandPiano 1.0

3つ目は ID8    Grand Piano

どれも良い音です!

1つ目は少し曇った感じに聞こえますが、上品な感じがします。(抑え目という意味で)

2つ目はかなりダイナミックに聞こえてくるので、上蓋(大屋根)が外された感じの音ですね。

最後のID8は上記2つの中間の音に聞こえます。

ピアノ音源だけを聞いてみてもReasonの音へのこだわりが分かります!

Reason 10フルバージョンではRasical Pianoが新しく追加されているので、よりピアノサウンドを楽しむことが出来ますね

 

PlayPlay
スポンサーリンク
スポンサーリンク