プロフィール

音屋@たけやです! あなたの演奏、歌(声)を魅力的に録音します!

子供の頃は演奏することがとても好きでした。

両親に反対されることもなく20代後半まで自分のやりたいことだけを続けさせてもらい、10代、20代は本当に両親に感謝の時期でした。

そのおかげで国内外でのDJ活動、音楽制作、NewYork Cityでのレコーディング・スタジオ勤務など数多くの経験が出来ました。

中学生で楽器演奏をやめてしまいましたが、18歳から始めたDJも26歳にはNewYork Cityのお店で毎週レギュラー出演することとなり、連日多くのお客さんに恵まれました。

DJを始めてしばらくしてから「楽器演奏が出来なくても曲が作れる」数多くのRemixをしている海外のDJ達を知ったことがきっかけでMacと音響機材を使って音楽制作を始めます。

音楽制作の知識が海外のレコーディング・スタジオでも役に立ち、音楽を通じて異文化の人たちとの信頼関係を作る事が出来るようになりました。

 

30代は音楽制作から離れた時期でしたが、社会人、結婚、子供、そして学生時代にしなかった勉強とライフスタイルが大きく変わりました。

クラシック音楽に出会ったのもこの頃で、音楽への考え方が大きく変わった時期でした。

バッハ、ベートーヴェン、ブラームス、ショパン、シューベルト、ラヴェルなどの作曲家の作品を聴くと、ダンスミュージックの一部が見えてくる事もあります。

そして海外にばかり目を向けていましたが30代後半に「禅思想」と出会い、日本文化、歴史、芸術に興味を持つようになります。

音楽一筋ではないこれまでライフスタイルですが、「新しい楽器」=パソコン(スマートフォン)を自己表現の場として活用しています。

これまで行ってきた仕事

90年代に7年間の都内各クラブにてHouse DJとして活動, Remixなどの作品を手がける

2001年よりNew York CityのRecording Studio Brass Giraffeにてアシスタントエンジニア兼、マニュピレーターとして約3年間勤務(10枚のアルバムをアシスタントエンジニアとしてレコーディング、ミキシング、マスタリングを担当)

同時期にNewYork cityのEast VillageのDJバーにて毎週木曜日のレジデントDJを1年間担当

2004年より音響メーカーにて勤務(翻訳を含むテクニカルサポート), デジタル楽器、レコーディング関連製品の製品知識、Tipsなど多数アウトプット

その間にもフリーランスとしてレコーディング、ミキシング、マスタリングを自宅機材を使って行ってきました。

2017年よりPodcast配信を開始、Youtubeなどの動画配信に勝る勢いで徐々にリスナーが増えてきている背景も助け、何本もの仕事の依頼を受けることになる。 
また、スマートフォンなどで録画した動画を音楽編集ソフトを使用してノイズの除去や聴きやすくして音声ファイルにしてアップする仕事を行っております。

過去にYouTubeに更新したオリジナル動画をmp3ファイルにしてSoundcloudやWordpressなどに更新、Podcastへの配信までサポートしております。

所有機材

DAWソフトウェア: Propellerhead’s Reason 9.5, Apple Logic Pro,   iOS版 GarageBand, ProTools First

モニタースピーカー: TANNOY Reveal 502

ヘッドフォン: SONY MDR-CD900ST

オーディオインターフェイス: Focusrite Scarlett 2i2, TASCAM iXZ

ギター: PLAYTECH ST250 Maple Green

エフェクター:VoiceTone T1

キーボード: CASIO LK-208, Korg nanoPad2

マイク: Blue Yeti Pro, Baby Bottle, Spark

その他:MacBook Air (13-inch, Early 2015), iPhone 6, iPad(第3世代)

たけやとはこんな人です

ストレングスファインダーとは自分の強みを30分ほどのテストを行ったのちに34の資質の中から順位付けをして5つの強みを示してくれます。 私が受講して得た強みは戦略的思考、人間関係構築、実行力の3つのタイプをバランスよく備えていると診断してくれました。

5つの資質の中でトップである原点思考ですが、過去を振り返るというのは、先人たちのやり方を模倣するという職人気質があるのでしょうか?
また、個別化というのは、レコーディングエンジニアの仕事をしてきていた中でクライアント(アーティスト)に対して毎回ユニークさを感じていたからではないでしょうか?

そのあとの3つの資質も私にとっての強みであるという認識をし、この部分にフォーカスを当てたライフワークは仕事もプライベートもどちらも幸せになれると感じています。

 

原点思考 過去を振り返って答えを探す傾向が有る 
(戦略的思考力)

個別化 人それぞれのユニークな個性に興味を惹かれる 
(人間関係構築力)

内省 頭脳活動が好きで、考えることを好む 
(戦略的思考力)

調和性 衝突や摩擦から得るものは何も無いと考え、そのような争いを最小限にしようとする 
(実行力)

慎重さ 用心深く、決して油断しない 
(実行力)

VIA-ISもストレングス・ファインダーと同じく自分の強みを表すものですが、強みを「特性」ではなく「徳性」で表すことがVIAの診断ツールになります。 特性はストレングスファインダーの資質に当てはまります。

  1. 親切心(人間性)
  2. 向学心(知恵)
  3. 寛容さ(節制)
  4. 好奇心(知恵)
  5. 熱意(勇気)

VIA-ISでは6つの項目【知恵】【勇気】【人間性】【正義】【節制】【超越性】に分かれるのですが、強みを発揮させると長く続いた時でも疲れではなく、喜びや感謝を持てるようになれます。

私の結果は親切心が一番上に来ているので、相手に親切にすることで自分が幸せになれるという結果のようです。

ストレングスファインターと一緒に自分を振り返ってみると確かに相手が喜んでくれると私自身も嬉しくなっていました。

自分の特性を客観的に知ることで自分が進むべき方向が見えてくるツールの一つかもしれないので共有しておきますね!