通勤大学という発想

通勤大学という発想方法

仕事で忙しいビジネスマンの時間の使い方ですが、会社まで電車や車もしくは徒歩で通勤をしている方がほとんどだと思います。 

通勤時間が片道おおよそ45分という統計結果が出ています。

ビジネスパーソンの理想の通勤時間は25分、平均は45分(2016.10.18)

https://dime.jp/genre/303617/?first=1

往復で1時間30分の間にみなさんは普段何をされていますでしょうか?

・ 読書

・ ニュースを読む

・ 音楽を聴く

・ 動画を見る

・ ゲームをする

・ 何もしない

最近は電車の中で新聞を読む人が少なくなってきていますが、それでもスマホで何らかのニュースを読んでいる人が多いかと思います。 

電車に乗っている人を見回すと情報をインプットしている方が比較的多いのかなと感じます。

しかし、満員電車などスマホの画面を見ることも難しい時間帯に通勤をしている人も多くいますね。 

そんな時に最近利用されているというのが、「耳学習」です。 

耳学習でいいますと「オーディオ・ブック」が現在主流となってきています

耳学習は他にもCDやオーディオ・プログラム、録音したセミナー内容など数多くの選択肢があります。 

イヤホンだけであれば、スマホの画面をみていなくもたくさんの情報が入ってきますね。

 

勉強が嫌いな人に向いています!

学校の勉強が苦手な人はいますよね! 私もその1人でした。。

ただ、あることから勉強が好きになってきました。

会社勤めをして通勤途中の間の時間を使って本を読む事から始めました。 

当時私が乗っていた電車は朝の通勤時間帯はなかなか本が読める状態ではなかったので、英語の教材を購入してイヤホンで聞きながら通勤をしていました。 

そして、その後にPodcastで海外のNewsをダウンロードして英語耳を作るようにしました。 

机に向かって勉強するとすぐに眠くなってしまうのですが、イヤホンをしながら街を歩いたりしていると不思議と長く続けられました。

 

自分の興味の範囲を広げてみよう

毎月定額制のオーディオブックも魅力的ですが、Podcastは番組制作をしている方がほとんどなので、コミュニティラジオのような番組として気軽に視聴する事ができます。

オーディオ・ブック、セミナー講座などの間の「箸休め」的な使い方で自分の興味の範囲を見つけて見つかるかも知れませんね。

語学学習ではない英語の番組視聴(意外と趣味の番組だとだんだんと言葉の意味がわかってきますよ!)

逆に海外のニュース番組などの時事問題は映像がないと何を言っているのかが分からかったです。

 

耳から新しい出会いを探してみませんか?

ご質問はいつでも受け付けておりますので、どんな些細な事でも結構ですのでお気軽にお問い合わせください。