iPhone標準Apps ボイスメモをFacebook、Twitterに投稿する方法

iPhoneの標準AppsボイズメモではFacebookやTwitterへポストできない

iPhoneの標準Appsで簡単の音声ファイルを録音する事ができますが、シェアする事が意外とできませんね。。

メールでの添付やiMovie、iTunes U、Evernote、DropBox、Google Driveなどの保存先は表示されるのですが、写真では出てくるFacebookやTwitterが表示されません。

残念ながらボイスメモはSNSには対応していないようです。

 

他のAppsで出来ないか探してみました。

App Storeでボイスレコーダーで検索すると、かなりの数の無料Appsが表示されますが、どれも同じ共有項目でした

有料版のボイスレコーダーは試していませんが、FacebookやTwitterの投稿を見る限りでは音声ファイルの共有というのはなさそうです。

ですので、別の方法で投稿を出来ないかを調べたところ、音声ファイル共有サービスのSoundCloud(サウンドクラウド)で出来ることが分かりました

Soundcloudは音声ファイル共有サービスの会社として2007年から運営を行なっておりますが、TwitterやFacebookへの共有ができるサービスが売りなのですが、Mac/PCなどからであれば、Soundcloud.comから直接アップロードする事ができますが、iPhoneのSoundcloudアプリでは直接録音できたり、投稿できる機能はなくなっているようです。(当初2010年までは存在していたようです。。)

しかし、他のサービスからSoundCloudに投稿できるボイスメモアプリがあれば、SoundcloudにアップロードしてそこからFacebookやTwitterに共有する方法があります。

そこでこちらのアプリを見つけました(無料Apps)

ZOOM HandyRec.

こちらのアプリはZOOM社で販売しているライトニングコネクタに対応したiQ6 , iQ7のマイクをステレオ録音するために開発されたアプリですが、専用マイクが無くても利用出来ます。

私はiQ6の愛好家ですが、iPhoneをレコーダーにするなら7〜9千円ほどで購入が出来る商品です。

iQ6

 

ZOOM iQ6

価格:6,718円
(2018/11/15 22:52時点)
感想(1件)

 

iQ7

ZOOM ズーム/IQ7 iPhone/iPad/iPod touch用ステレオマイク【送料無料】【smtb-u】

価格:9,720円
(2018/11/15 22:54時点)
感想(0件)


もちろんSoundCloudもあるので、アップロードしてシェアをする事ができます!

ZOOM Handy Recで録音したファイルの転送方法

録音をしたらSHAREをする前にEFFECTを加える

Handy Recは録音した音声ファイルにエフェクトを加えることが出来ます。

EFFECTのスタイル
  • EQ (特定の周波数を増減させて音を補正するエフェクト)
  • Reverb (残響を加えるエフェクト、カラオケのエコー)
  • Mastering (音量を均一に整え、聴きやすくする)
  • Save with EFFECT/Normalize (録音した音声ファイルの音量を最大にする)

Save with EFFECT/Normalizeはノイズも一緒に大きくしてしまうので、使いづらい機能です

おすすめはMasteringの機能にあるClear&PowerMONOです。

声だけの録音であれば必ずMONOを適用しましょう!

SoundCloudへは録音した音が編集なしで直接アップロードされるので、出来る限り良い状態でアップしたいのでMasteringは必ず行いましょう。

特に声だけを録音した場合にはマイクの向きによって右寄り、左寄りになってしまうことが多いですので、MONOを適用することで真ん中に声が聞こえてくれます。

 

*Soundcloudへのアップロードは事前にユーザー登録(無料)が必要になります。 

登録がまだの方はこちらのサイトに詳しい内容が載っていました。(Sleepfreaks)

Handy Recからのアップロード方法

アップロードされたファイルに以下の画像のように「Share」があるので、クリックします。

ShareにはTwitterやFacebook、Google+等のアイコンがあるので、選択すると投稿できます!

まとめ

数多くのボイスメモアプリがあるのに音声ファイルの共有ができないのには、何か理由があるのか謎のままです。

Soundcloudも経営的に非常に難しいというNewsを見た事がありますが、スピーチを共有するというユーザー層が動画を投稿するというユーザー層に比べて少ないという事ですかね?

普段はラジオ派の私にとっては映像を見ているよりも音声だけを流している時間が長いので、Webやスマホの世界でも地道に続いていて欲しいサービスの一つですね。

今回はシェアをキーワードに音声ファイル共有を調べてみました。